大荒戸の朝焼け

朝日が昇った後に、大荒戸のある場所に出かけてみた。
ここは、知る人ぞ知る、松之山の隠れ名所。
特に、この時期の朝日が昇った後の景色が素晴らしいのだ。

そんな情報を知ってか、ここに訪れてみたら、車が数台、カメラマンも数人既に待ち合わせていたのであった。

結局、期待した景色には出会えなかったけど、ここはそんなにカメラマンが押し寄せるような有名な場所じゃないと思っていただけに、見ず知らずのカメラマンを見かけた事は、何となく複雑な心境だったのである。
a0025576_22561624.jpg
a0025576_22563652.jpg
a0025576_22565392.jpg
a0025576_22571454.jpg

by yujiaizawa | 2006-11-22 22:57 | 2006年秋 | Comments(6)
Commented by 小太郎 at 2006-11-22 23:58 x
こんばんは。私はこちらは最近行っていません。松之山では普通の、何気ない山なんだけど、きれいな写真が撮れるんですよね。

私はこの場所では地主以外の人に会った事はありません。一度県外のカメラマンに場所を教えたことがありますが、他の人の知っているんですねぇ・・・
Commented by odamaki719 at 2006-11-23 11:21
またまた凄いのがUPされましたね。墨絵というよりやはり幽玄の世界ですね。秘密の場所知られるとちょっと悔しいですよね。
Commented by yujiaizawa at 2006-11-23 20:35
小太郎さん、この場所も、有名になりつつあるようです。
かくいう私も、カメラ仲間に教えていたりして、「とっておき」 の場所が少なくなって来ているような気がします。
でも、それでもいいのかな、という気もします。
Commented by yujiaizawa at 2006-11-23 20:38
odamakiさん、よく「幽玄の世界」という褒め言葉をいただきますが、撮る方とすれば、そんな大それた気持ちはなくて、ただ単純に綺麗だと思った風景を撮りたい、それだけなのです。
綺麗だと思うところには、自然と人が集まるようにはなっているようですけどね(笑)。
Commented by keikono2 at 2006-11-25 01:49
う~ん、、、綺麗ですねー。
朝もやの中の杉木立って絵になりますねー。
Commented by yujiaizawa at 2006-11-27 00:21
keikoさん、だから余計に難しいのです。
何となく、画一化された画像のような感じになっちゃうんですよね〜。