カテゴリ:2005年夏( 40 )

青々として、良い色だ。
a0025576_21311540.jpg
a0025576_21302413.jpg

ユリ。花びらの根元が甘くて、昔はよく舐めたものだ。
a0025576_21341470.jpg
a0025576_21332635.jpg

そんなものがあったら、こんな感じだろうか?
a0025576_2154111.jpg

7月末の段階では、貯水率は結構高かったように思う。今はどうなんだろう?
a0025576_2215542.jpg

夏の原色の世界では、やたらと目立つ。でも映える。
a0025576_2152513.jpg

この木にはいそうだな、と思ってじっくり探してみたら、やっぱりいた! ノコギリクワガタ(ちなみに、松之山ではクワガタのことは「オニムシ」といい、ノコギリクワガタは「ウシノツノ」という)だ。
400mmの望遠でもここまでしか寄れないので、捕獲して写真に撮ってやろうと思った。昔からある捕獲方法(幹を足で思いっきり蹴っ飛ばして振り落とすという、単純きわまりない方法)で木から落とすことはできたけど、そのあと逃げ足が速かったらしく、見つけることができなかった。
やっぱりこの方法は、二人以上のチームプレイが必要だったかも。
それにしても、久しぶりに胸が躍ったぜ。
a0025576_22222787.jpg

はたして、この蝉はチャンと孵化できたのだろうか?
a0025576_21183155.jpg

高くそびえた杉。青空に映えるのであった。
a0025576_22403062.jpg

ちょっと面白い木を見つけた。
a0025576_22422280.jpg

本当は、こんな写真は載せたくはないんだけど、松之山の実態を知る、ということで敢えて載せることにした。
こんな光景がなくなることを祈って。
a0025576_2152066.jpg

稲の朝露
a0025576_21483845.jpg

百合の花(開花前)の朝露
a0025576_2148589.jpg