カテゴリ:2005年秋、茅刈りボランティア( 7 )

まあ、とにかく、そういうことです。
a0025576_20182276.jpg
a0025576_20183955.jpg
a0025576_2018583.jpg
a0025576_20191857.jpg
a0025576_20195323.jpg


民話の里、中立山。
a0025576_20204274.jpg

大厳寺高原の、ススキが生い茂っていた斜面一面をほとんど刈った。
かなりの量になったと思う。
a0025576_22164380.jpg

刈った茅を、一冬乾燥させるために、軽トラで倉庫に搬送。
a0025576_22173971.jpg
a0025576_22175433.jpg
a0025576_2218810.jpg

丸裸になった斜面。
a0025576_22185622.jpg

2日目、大厳時高原のススキヶ原で茅刈り実施。
10時の休憩時間には、大量の柿がおやつとして差し入れ。
そこで現れた柿の皮剥き名人。その手さばきに、師匠も苦笑い。
a0025576_221430100.jpg

民泊は、言わずと知れた「割勘荘」。
a0025576_22125423.jpg

そば打ちも始まった。
a0025576_22133391.jpg
a0025576_22135491.jpg

今回あんまり働いていた印象はなかったけど、それなりに疲れたみたい。
a0025576_2214431.jpg

一日目の作業終了。
a0025576_221127100.jpg

休憩中。
a0025576_22312419.jpg

天気がいいと、作業も楽なのだ。ということで、さらに休憩中。
a0025576_22321583.jpg

2005年11月5日、いよいよ茅刈りボランティアが始まった。

まずは、刈る前に鎌の研ぎ方を職人が伝授。
a0025576_22582744.jpg


で、早速見よう見まねで女子大生がチャレンジ。
a0025576_22592291.jpg