<   2006年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

大厳寺高原にて。
a0025576_2219697.jpg
a0025576_22193248.jpg

この場所から見る棚田の景色は、実は結構気に入っている。
しかし、いわゆる棚田写真家からはそれほど目に留まる場所ではないみたいだ。

ということで、ここは隠れた棚田撮影スポットなのです。
駐車場も車を停めるスペースもほとんどないので、なおさら隠れたポイントかもしれません。

なお、画面中央には川が流れていて、その下流には今も地滑り後の復旧作業が続いています。
a0025576_22255713.jpg

美人林のブナの葉っぱも、だいぶ痛んで来て、もう少ししたら、紅葉の見頃になりそうな感じだった。
a0025576_223341100.jpg

こんな場所にハンモックを吊っている。
多分、最高のくつろぎ場所。

あぁ、寝てみたい。
a0025576_22551799.jpg


かと思えば、棚田の真ん中で絵を描いている人がいた。
最高の贅沢。
a0025576_22564436.jpg

可憐な花たち。
a0025576_22534966.jpg
a0025576_2254131.jpg

空蝉が、夏の終わりを告げていた。
a0025576_21401671.jpg

いまだに、イトトンボがいたりする。
a0025576_2181966.jpg


ねこじゃらし系の植物。(名前知らず)
a0025576_219757.jpg


えーっと、ギボウシ?
2006年9月24日追記。
この花の名前は大反魂草(おおはんごんそう)でした。
あぁ、恥ずかしい。
a0025576_2194539.jpg


芙蓉?
a0025576_21101877.jpg

国道405号線を少し津南町方面に走ると、天水島トンネルがある。
このトンネルをさらに越え、2〜3分車を走らせたところに、この「留守原の棚田」がある。

今回も、密かに棚田が広がっていた。
a0025576_23301278.jpg


その「留守原の棚田」から歩いて天水島方面に戻ると、5分くらいでこんな場所に出会える。
特に目立って棚田が綺麗、他に目につくものがある、というものがないので、ここは観光客やカメラマンには人気がない。
だけど、個人的には好きな場所。
a0025576_23323178.jpg


天水島トンネルを、天水島方面に戻って夕焼けをちょっと期待して待っていたら、トンネルの向こう(津南方面)から、大勢の足音がトンネル内に響いた。
どうやら、わずかな夕焼け色を見つけて、こちらに向かってくるようだ。
a0025576_23352882.jpg

去る9月16日から18日にかけて、松之山撮影会に参加して来た。
参加者は、総勢33名。
当然、こんな大人数を泊める宿泊施設は松之山にある訳もなく、ある伝で小民家を借り切り、そこに合宿形式で泊まり込んだと言う次第。

今回の参加者は、北は宮城県から西は兵庫県まで、それこそ松之山を中心にして、本州半ばを制覇するような規模の参加者と、それを裏付ける撮影会となった。

初日。

午後3時に待ち合わせ、その後、天水島の棚田撮影に向かった。
a0025576_22392071.jpg
a0025576_22394435.jpg
a0025576_22395551.jpg
a0025576_2240739.jpg
a0025576_2240281.jpg

すっかり、秋の空模様。
a0025576_22432912.jpg
a0025576_22434345.jpg