<   2011年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

少し前の画像です。

森は、いろんな姿を見せてくれる。
特に、新緑の頃にはそれが顕著だ。
そんな新緑の場面を見つけたときは、何となく嬉しくなってカメラを向けてしまう。

まるで、緑の葉っぱが動き出すよう。
a0025576_20583958.jpg


かと思えば、深い森から透かし見た新緑の光景も忘れ難い。
a0025576_20595964.jpg


見方によっては、亜熱帯地方のジャングルかと見紛うばかりの、圧倒的な緑、みどり。
a0025576_2112870.jpg


正体は…、明かさないでおこう(笑}

2011年6月21日撮影
少し前の画像です。

そろそろ、クワの実が色づいて、食べ頃となってきた。
a0025576_20502679.jpg


アザミも田んぼ周辺に現れてきた。
a0025576_20515778.jpg


そんな周辺の田んぼ。
a0025576_205310100.jpg

a0025576_20533123.jpg


2011年6月21日撮影
少し前の画像です。

雨が上がったら、黒姫山に霧(雲?)がかかった。
a0025576_17454513.jpg


我が家のマーガレットも盛り。
a0025576_17462176.jpg


2011年6月18日撮影
少し前の画像です。

バラ
a0025576_758135.jpg


キンケイギク
a0025576_7591314.jpg


そして、マーガレットを裏側から(笑)
a0025576_7595159.jpg


2011年6月17日撮影
少し前の画像です。

借りている田んぼに行くには、軽トラなどの小さい四駆の車で行くか、細い道路を歩いて行くか、の二通りなのだが、いつも途中までは車で行って、その後の狭くて急な道は歩いていくことにしている。
その道中で、結構いろいろな被写体に出会えるのがまた楽しい。
例えば、こんな何気ない葉っぱの煌きとか、
a0025576_20484947.jpg


見たこともないような、小さな花を発見したり、
a0025576_20493378.jpg


イワカガミの花の行く末はこんな風になるんだ、などと感心してみたり、
a0025576_20501058.jpg


何だか小さくて面白い植物だけど、昆虫や怪獣にも見えなくはないな、などと思ってみたり、
a0025576_2051613.jpg


森の中は発見でいっぱいだ。
少し前の画像です。

バラの一種。
バラはいろんな種類があって、めんどくさいのでまとめて「バラ」と呼んでます(笑)
a0025576_2192588.jpg


ナデシコ
a0025576_2195642.jpg

名前からのイメージとは違い、結構色合いが強い花です。
昔、「グレープ」というフォークソンググループがいて(もちろん、そのうちの一人がさだまさしさんで)、曲名は忘れたけど、歌詞は確かこんな感じでした。

♪ナデシコの花が咲きました。芙蓉の花は枯れたけど。


2011年6月16日撮影
少し前の画像です。

ワスレナグサが咲いていた。
a0025576_211538.jpg

可憐な花だ。

2011年6月15日撮影
少し前の画像です。

赤倉集落の棚田
a0025576_2033930.jpg


いろいろあって、宵闇に撮った一枚。夕暮れ
a0025576_2034402.jpg


2011年6月12日撮影
幽玄な森
逞しい根だが、もろくも崩れそうでもある。
a0025576_20381750.jpg

ブナ林は鬱蒼としていた。
a0025576_20392165.jpg

a0025576_2040023.jpg


が、しかし、地震の爪跡は大きく現れていた。
a0025576_20413644.jpg

大雨があれば、抜け落ちるかもしれない…。

2011年6月11日撮影
少し前の画像です。

天水越の棚田には、久しぶりに出かけてみた。
ところどころ、今年は稲作を止めたらしい田んぼがあり、少し寂しさを感じた。
a0025576_2026260.jpg


天水島の棚田へ出かけてみた。
a0025576_20271848.jpg

天水トンネルを抜け、しばらく車で走ると有名な「留守原の棚田」なのだが、今年は土砂崩れのため、作付けは断念。
a0025576_20282757.jpg

何とか、今年中の復旧を願う。

家に帰ってきたら、いつもと変わらずにバラが咲いていた。
a0025576_20292911.jpg


2011年6月10日撮影