タグ:大荒戸 ( 64 ) タグの人気記事

a0025576_2013516.jpg

a0025576_2014930.jpg

a0025576_20142517.jpg

2011年11月4日撮影
こちらは稲刈りが終わった。
a0025576_2093587.jpg

2011年10月6日撮影
少し前の画像です。

例によって、母親の要望により、畑作業。
その合間の撮影。
大荒戸方面。山の上にポッカリ浮かんだ雲。
a0025576_20115811.jpg

a0025576_20121247.jpg


その後、小谷の棚田に出かけてきた。
途中のブナ林。
a0025576_20131238.jpg

棚田は静かに時が過ぎていた。
a0025576_2014051.jpg

帰り道、西日がブナの葉を照らしていた。
a0025576_20144312.jpg

2011年5月25日撮影
少し前の画像です。

芽吹きが美しい季節となった。
美人林へ行く途中、大荒戸の風景が綺麗だったので、ちょっと立ち止まって撮影。
a0025576_2046558.jpg

美人林は根開けと新緑と残雪と、で、素晴らしい景色。
a0025576_2048275.jpg

a0025576_20484428.jpg

この日は沢山のカメラマンが来ていたが、ほとんどの方が粛々と写真を撮っていた。
そんな時、ふとあるカメラマンが声を上げた。
「そこ、どいてもらえますか?」
このカメラマンはこの一言で大ヒンシュクを買った。
こんな大勢のカメラマンがひしめいている状況で、自分が満足できる写真を撮ろうと思ったら、まず、自分が動くべきである。もしくは、こうと決めた構図をどうしても譲れないのなら、何時間でも我慢する覚悟で、ひたすら文句を言わず待ち続けるべきだ。
自分の都合に合わせて、「そこは私の構図に入るからどいて」というのはあまりにも勝手すぎる。

たとえ、そうやって(写真を撮る立場の人から見て)邪魔な人を廃して撮ったとしても、その写真には、多分心がこもっていないと思う。
a0025576_20491421.jpg

写真は心を写すものだと言う。

2011年5月1日撮影
思わぬ晴れ間が広がった。
a0025576_2042239.jpg

a0025576_2044184.jpg

2010年12月17日撮影
夕焼け雲が綺麗に出たので、急遽写真を撮りに出かけた。
暗くなる前の、ホンの20分くらいの出来事。
a0025576_2092653.jpg

a0025576_2094026.jpg

2010年11月27日撮影
霧を期待して出かけたのだが、肝心の霧は出なかった。
まぁ、そんなものだろう。
a0025576_19312739.jpg

a0025576_19314873.jpg

a0025576_19321011.jpg

うっすらと、靄は出ている感じ。
2010年11月20日撮影
大荒戸の紅葉。早朝。
a0025576_19311172.jpg

a0025576_1931278.jpg

a0025576_19314532.jpg

ふと見ると、足元にも紅葉が。
a0025576_19322924.jpg

2010年11月4日撮影
a0025576_20563959.jpg

a0025576_2057144.jpg

a0025576_20571983.jpg

2009年12月15日撮影
a0025576_2255378.jpg

a0025576_226922.jpg

a0025576_2262367.jpg

朝日に煌めく雪は美しい。
2009年12月15日撮影