こちらは本日12月8日の写真。
前日に降った雪はほとんど消えて、ちょっと肩透かし。
雪が降ったらまた来よう。
a0025576_17062318.jpg
a0025576_17063234.jpg
2018年12月8日撮影

先週の日曜日、12月2日の午後のことになるが、ちょっと気になっている場所に出かけてきた時の写真。
結局期待した光景には出会えなかったのだが、それでもその周辺を散策するのは楽しい。
本格的な雪が降る前の、ひんやりとしたこの空気感が好きだ。
a0025576_16591374.jpg
a0025576_16592245.jpg
a0025576_16593322.jpg
a0025576_16594341.jpg
a0025576_16595794.jpg
ここはウチの近所。
棚田ではないんだけど、この光景が気に入っている。
a0025576_17000578.jpg
2018年12月2日撮影

自宅の屋根の上から(笑)

遠くの山の初冠雪と、近くの山の紅葉。こんなコラボもまたこの時期ならでは。
a0025576_12404616.jpg
2018年11月25日撮影

霧が残っていたので、美人林はどんな感じだろうと急遽出かけてきた。
昨日の雪と霧と朝日に照らされて、とても幻想的な光景だった。
a0025576_10404682.jpg
a0025576_10405586.jpg
a0025576_10410475.jpg
a0025576_10411547.jpg
a0025576_10412526.jpg
a0025576_10413654.jpg
a0025576_10414665.jpg
a0025576_10415828.jpg
2018年11月24日撮影

なんとかスタッドレスタイヤに交換し、車で出かけることができた。
ただ、今年買い換えた車はFFで、排気量も少ないので運転は慎重だ。
とりあえず、試運転がてら、よく行く棚田へ行ってきた。
a0025576_21491109.jpg
a0025576_21485701.jpg
紅葉がいいアクセントになっている。

2018年11月23日撮影

紅葉がまだ残っている状態で雪が降ると、これがまたなんとも言えない情景だ。
この時期にしか見ることのできない貴重な瞬間。
指先や足元が凍えそうになっても、なんとか我慢できるから不思議だねえ。
a0025576_09412128.jpg
a0025576_09413206.jpg
a0025576_09414126.jpg
a0025576_09415496.jpg
a0025576_09420407.jpg
a0025576_09421664.jpg
2018年11月23日撮影

2018年11月23日、この冬初めての雪が降った。
朝、目が覚めてカーテンを開けたら、一面の銀世界。
根雪は憂鬱なことが多いけど、初雪だけは別だ。
a0025576_09325638.jpg
a0025576_09330616.jpg
a0025576_09331867.jpg
畑の野菜も寒そうだ。
a0025576_09333752.jpg
2018年11月23日撮影

驚いた。
かつては小谷集落の人が何人も行き交っていたこの農道が、今ではまったく人が通った形跡がない。
少し藪と化した道の先にたどり着いた先。
a0025576_21010843.jpg
a0025576_21012504.jpg
a0025576_21013893.jpg
a0025576_21014797.jpg
a0025576_21015901.jpg
テッサクと呼ばれた、稲を運搬するこの装置。
今ではただの躯だ。
a0025576_21021133.jpg
2018年11月11日撮影

日曜日、ちょっと集落内を散策してみた。
この家は、昔ながらの風情が感じられる作りで、いつも気になっているところだ。
棚田に張った水に映る風情もなんだか美しい。
a0025576_21004584.jpg
そして、ほとんど人が行かなくなってしまった、その先へ。
a0025576_21005664.jpg
2018年11月11日撮影

三省ハウスの周りを散策してみた。
小学生として通学していた頃からあるプラタナスの木。ずいぶん大きくなったものだ。
a0025576_16522223.jpg
イチョウの木も黄葉真っ盛り。
a0025576_16523289.jpg
a0025576_16524432.jpg
ブナの木間から望むこの景色も昔のまま。
a0025576_16525318.jpg
a0025576_16530390.jpg
でも、多分、子供の頃にはこんな景色が美しいなんて気づきもしなかったような気がする。
2018年11月11日撮影