何とか生きているみたい

一週間家を留守にしたそうだ。
その結果、屋根の雪と地面の雪がくっついてしまい、久々の家の中は真っ暗だったそうな。何とか、ひさしの雪だけでも取り除いてみた、と言う感じが伝わる。
a0025576_21502262.jpg

by yujiaizawa | 2005-03-30 21:50 | 2004年〜2005年冬 | Comments(5)
Commented by utinopetika at 2005-03-30 22:47
ここで生活されている方と、僕が生活している土地とでは、春の意味合いは同じでも、待ち遠しさという点では、もっと深いような気がします。
冬が過ぎさる事を、じっと耐えているという感じさえしてしまいます。
Commented by teruteru-exc3 at 2005-03-31 09:04
「ムーミン」にでてくるモランを思い出しました。
写真で見ると綺麗ですが、生活を考えると大変なことも多いですよね。
Commented by yujiaizawa at 2005-03-31 21:50
utinopetikaさん、2月から3月はまさに「耐える」期間ですね。
その松之山も、ようやく春の兆しが見えて来たようです。

teruteruさん、モランってなあに?
この、綿のような、絹のような感じは、地元の人はまったく気にしていないでしょうねえ。
Commented by miageyou at 2005-04-04 22:07
住んでいる人は大変なんだろうけど、妙に笑えるぅ...^^;
Commented by yujiaizawa at 2005-04-04 23:04
miageyouさん、確かにおっしゃる通り。