<   2008年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

さて。
ブナの林を抜けて、車への帰途に着く途中。
ブナの若芽を見つけた。
a0025576_21453041.jpg

そして、こちらはお気に入り、ホウの木。
a0025576_21472582.jpg

道路沿いのブナの木でも、やっぱり幽玄さを求めてしまうのだ。
a0025576_21501215.jpg

2008年9月6日撮影
見上げる光景。
a0025576_21203237.jpg

一番のお気に入りの写真。
a0025576_21214831.jpg

どうすれば、このように曲がったブナができるのか?
a0025576_21223989.jpg

若い芽を、ブナが寄り添うように守っている、そんな風に感じた。
a0025576_21235342.jpg

2008年9月6日撮影
その魅力は、捉えたカメラマンを魅了して止まない。
a0025576_21455968.jpg

a0025576_21464271.jpg

仲良し(おしくらまんじゅう?)4兄弟
a0025576_2148293.jpg

まだ、雨は止まない。

2008年9月6日撮影
雨に濡れた幹も、また逞しくて美しい。
a0025576_20502384.jpg

a0025576_20513140.jpg

幹を雨水が伝い、独特の模様が出来た。
a0025576_20532915.jpg

a0025576_20542977.jpg

雨は止みそうもない。
2008年9月6日撮影
何を、どう撮っても絵になるような気がする。
a0025576_2222515.jpg

a0025576_22223477.jpg

a0025576_2224316.jpg

誰も来ない、いない。

2008年9月6日撮影
結構強くて大粒の雨が降って来た。
これ幸い、とばかり、天水山のブナ林に出かけて来た。
そこは、幽玄な風景が広がっていた。
a0025576_21531142.jpg

a0025576_21532840.jpg

a0025576_21534779.jpg

この勇壮で壮大で、幽玄的な景色を独り占めする幸せを満喫した。

2008年9月6日撮影
今年から、廃棄畑を耕して蕎麦を植えた。
a0025576_23103072.jpg

a0025576_2311150.jpg

ミニトマトは色づくかな?
a0025576_2311501.jpg

今年耕した田んぼ。土壌が柔らかくて、稲が倒れてしまった。
うまく、実がなってくれればいいのだが。
a0025576_23131774.jpg

「お田んぼ倶楽部」農園の守り神? 象徴? オブジェ?
a0025576_23145798.jpg

a0025576_23152319.jpg

2008年9月6日撮影。
雨が降り始めた。
棚田じゃなくて、その近辺の、ちょっと気になった光景を撮るのも結構好きだ。
撮るのが好き、というより、見つけて楽しむのが好き、と言った感じかな。

これはクルミの木かな? 葉っぱが少し黄色みを帯びていた。
a0025576_22275320.jpg

池に咲く蓮の花と、その葉っぱ。
水面の反射をどのように入れようかと、しばし構図を楽しんだ。
a0025576_22293151.jpg

実は、雨が少し降ったので、このような水たまり(水の宝石)も見つける事が出来て、結構嬉しかったのだ。
a0025576_22305039.jpg

2008年9月6日撮影
ススキが似合う季節になって来た。
a0025576_22562177.jpg

この花は、なんと言ったか。
a0025576_22581251.jpg

結構広い棚田。
a0025576_230224.jpg

やっぱり、ススキが似合う。
a0025576_2311376.jpg

2008年9月6日撮影
さらに上に登って行くと、池がある。
池には、燃えるようなススキ。
a0025576_21462894.jpg

その反対側には、棚田。
a0025576_21475482.jpg

そして、岩見堂への案内図。
a0025576_21485630.jpg

今では、ほとんど利用されていないようだ。

2008年9月6日撮影