明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
a0025576_8552714.jpg

2013年1月1日撮影
a0025576_2011230.jpg

2009年12月26日撮影
a0025576_1243132.jpg

2009年12月10日撮影
木々に積もった雪が朝日に映えていた。
a0025576_2039173.jpg

a0025576_2039308.jpg

ブナの枝に付いた雪も、なんだか輝いていた。
a0025576_20395532.jpg

2008年12月23日撮影
日は既にかなり高く登っていたのだが、まだ朝の雰囲気はかすかに残っていたのであった。
a0025576_20235323.jpg

a0025576_20242020.jpg

a0025576_2024661.jpg

2008年12月23日撮影
直接陽が当たっていなくても、朝日を感じることはできるのだ。
a0025576_222822.jpg

a0025576_22282052.jpg

a0025576_22283952.jpg

ふきのとうは、美味しそうだ。

2008年4月4日撮影
この場所は、霧が発生するとまた美しく見える場所なのだが、それはまだ先の話。

2月のこの時期には、こんな光景が美しく感じてしまう。

a0025576_20415783.jpg

a0025576_20421512.jpg

2008年2月11日撮影
ゴーストがハッキリ現れた写真だが、敢えて、それを強調するのも面白いような気がした。
a0025576_22222083.jpg

欲を言えば、ゴーストよりも霧が出てくれた方が良いに決まっている。

ブナの原生林に差し込んだ淡い光。
a0025576_22233512.jpg


2008年1月22日撮影

あぁ、また晴れた日に撮りに行きたくなった。
いろいろな形の棚田が浮かび上がる。
それを目で見て、写真で記録する。

そう言った事もまた新たな発見であり、楽しいことなのだ。
a0025576_223561.jpg

a0025576_22353467.jpg

a0025576_22355527.jpg

2008年1月22日撮影
ようやく、太陽が顔を出した。
が、しかし、その日差しは弱いものだった。
a0025576_2121284.jpg

a0025576_2124824.jpg


それでも、やっぱり太陽の光は恵みの光。

2008年1月22日撮影